スクウェア・エニックスをかたるフィッシングメールに注意、複数報告あり

フィッシング対策協議会が10日、スクウェア・エニックスをかたるフィッシングメールと、UCカード(アットユーネット)をかたるフィッシングメールが出回っているとして緊急情報を出した。だまされてIDやパスワードなどを入力してしまわないよう注意を呼び掛けている。

 スクウェア・エニックスをかたるフィッシングメールは、ユーザーのアカウントが異常にログインされたことを感知したなどとしてパスワードを再設定するよう求め、偽のログインページに誘導するもの。メールの件名としては、「【ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン】認証」「ドラクエ10ーー安全確認」など、5つのパターンを挙げている。

 スクウェア・エニックスをかたるフィッシングメール(フィッシング対策協議会の緊急情報より画像転載)
  UCカード(アットユーネット)をかたるフィッシングメールは、件名が「UC CARD - NOTIFICATION」または「UC CARD ALERT」。本文は2パターン確認されており、1つは英文テキストで、アカウントをロックしたとして、これを解除するために情報を更新する必要があるとし、URLを記載した偽のログインページ誘導する内容のもの。もう1つは、メール自体に入力フォームのHTMLファイルが添付されたもので、こちらは日本語となっている。

 スクウェア・エニックスとUCカードでもそれぞれ注意を呼び掛ける告知を出しており、正規のログインページの判別方法などを解説している。

【ニュースソース】InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20131010_619053.html