「一太郎」に新たな脆弱性、アップデートモジュールの適用を推奨

株式会社ジャストシステムは12日、「一太郎」シリーズ製品に脆弱性の存在を確認したとして、アップデートモジュールを公開した。

 脆弱性が悪用された場合、細工されたファイルをユーザーが開いた際に、任意のコードが実行される可能性がある。

 対象製品は、一太郎2013/2012/2011/2010/2009/2008/2007/2006、一太郎Pro 2/Pro、一太郎Government 7/6、一太郎ガバメント2010/2009/2008/2007/2006、一太郎ポータブル with oreplug、一太郎ビューア。これらの製品を含むSuite製品、パック製品も対象となる。ジャストシステムでは、アップデートモジュールの適用を強く推奨している。

【ニュースソース】InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20131112_623137.html