「履歴書.zip」に注意、「Microsoft Office」の脆弱性を悪用する標的型攻撃(IPA)

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は11月20日、マイクロソフト社が提供する「Microsoft Office」などの脆弱性を悪用する国内の組織に対する標的型攻撃を確認したとして、注意喚起を発表した。この脆弱性(CVE-2013-3906)を悪用する標的型メール攻撃は、件名、本文、添付ファイル名などには日本語が使われており、「履歴書.zip」という名称の添付ファイルを解凍して得られるWordファイルを開くことで、PCがマルウェアに感染する。

この攻撃は、業務上、添付ファイルを開いて内容を確認する必要がある、組織外向けの問い合わせ窓口へのメールを装うという手口が使われていた。IPAでは、今後発生しうる他の攻撃に対しても有効であることは保証できないものの、IPAが入手した攻撃メールに添付されていた検体については、マイクロソフト社が公開している「Fix it 51004」を適用した環境では攻撃が失敗する(攻撃メールに添付された文書ファイルを開いてもマルウェアに感染しない)ことを確認している。

【ニュースソース】Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131121-00000001-scan-sci