Adobe製品のライセンスキーと称する詐欺メールが出回る

米Adobe Systemsは20日、Adobe製品のライセンスキーを送付したと称する詐欺メールが出回っているとして、ユーザーに注意を呼び掛けた。

米Cisco Systemsのセキュリティ情報によると、確認されたサンプルではメールの件名が「Download your adobe software」、本文がAdobe製品の購入者宛のメールを装った内容になっており、ライセンスキーを添付したと称して、実際には悪質なファイルが含まれるZIPファイルと実行ファイル(EXEファイル)が添付されているという。

Adobeでは、こうした不審なメールを受け取った場合には、添付ファイルを開いたり記載されているリンクをクリックせずに、メールを削除してほしいとしている。

【ニュースソース】InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20131224_628865.html