「ウイルスバスター モバイル」新版が発売、iOS版も追加

トレンドマイクロ株式会社は10日、スマートフォン/タブレット向けセキュリティソフト「ウイルスバスター モバイル」新バージョンの販売を開始した。今回からiOS版がラインナップに加わった。Android版も引き続き提供される。直販サイト価格は1年版が3065円、2年版が5637円(いずれも税込)。17日からは小売店店頭でのパッケージ版販売(オープン価格)も行う。

 不正アプリやウイルスの侵入防止を目的とした総合セキュリティソフト。新たに提供されるiOS版だが、Android版とは機能面での差異がある。まず、iOS版における不正ウェブサイトへのアクセス防止機能は標準ブラウザーであるSafariには対応しておらず、ウイルスバスター モバイルのアプリ内にある専用ブラウザー使用時のみ、機能する。

 また、iOS版における不正アプリの検知機能は「手動検索」のみ可能で、Android版のような「リアルタイム検索」は行われない。このほかの迷惑SMS対策やSIMカード保護機能などもAndroid版限定の機能。一方、いわゆる"JailBreak"を検知する機能はiOS版にのみ用意されている。

 iOS版はiOS 7.0および7.1環境で動作する。

 Android版では「不正アプリクリーナー」機能が強化された。管理者権限を不正に取得され、端末の管理画面からアンインストールできなくなったアプリなどを駆除できる。

 Android版の対応OSは2.2/2.3/3.0/3.1/3.2/4.0/4.1/4.2/4.3/4.4。このほかKindle Fireシリーズの一部モデルにも対応する。

 トレンドマイクロの直販サイトでは、ウイルスバスター モバイルのライセンス(利用権)の販売を行う。アプリ本体を各端末ごとのオンラインアプリストアから入手し、画面上に必要事項を入力することでセキュリティが有効化される。

 iOS版については、App Storeでライセンスを購入できる。この場合の価格は1年版が3000円、2年版が5800円。

【ニュースソース】InternetWatch
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20140410_643783.html