【Dr.WEB】新しくなったDr.Web 10.0 for Mac OS Xで安全なインターネットアクセスを!

Doctor Webは、Dr.Web for Mac OS Xのバージョン10をリリースしました。Dr.Web 10.0 for Mac OS Xには新たなコンポーネントとして、HTTPトラフィックをスキャンしインターネットアクセスをコントロールするHTTPモニターであるDr.Web SpIDer Gate が加わりました。その他、複数のアップグレードが追加されました。

Dr.Web for Mac OS X に含まれるDr.Web SpIDer Gateは、すべてのポート上のトラフィックをリアルタイムでスキャンし、フィッシングサイトやその他の危険なサイトからユーザーを保護します。また、すべてのHTTP通信を監視します。これにより、ユーザーがMac上にマルウェアをダウンロードしてしまった際にも保護を提供することが可能です。さらに、Dr.Web SpIDer Gateは推奨されないサイトのブラックリストに基づいてインターネットアクセスを制限することもできます。

その他の新たな機能:

  • インストールされている、互換性のないソフトウェアを自動的に検出します。
  • スキャン中のシステムリソース消費が最適化されました。
  • 韓国語、トルコ語、チェコ語、ポルトガル語に対応するようになりました。


現在、Macに対する保護は緊急を要する課題となっています。Mac OS Xを狙った脅威の存在は今や現実のものであり、それらの脅威はAppleユーザーに対して時に大きな損害を与えています。

012年、Backdoor.Flashback.39によって感染した80万台を超えるMacから成る史上最大規模のボットネットが出現しました。このボットネットは現在も活動を続けており、13,000台のホストが含まれています。 Backdoor.Flashback.39は別の実行ファイルをインターネットからダウンロードし、感染したシステム上で実行する機能を備えています。

014年の2月には、新たなトロイの木馬Trojan.CoinThiefがDr.Webウイルスデータベースに追加されました。このマルウェアはMac OS Xを搭載したコンピューターから仮想通貨BitcoinおよびLitecoinを盗むよう設計されています。また、ポピュラーなブラウザで開いたwebページ上に迷惑な広告が定期的に表示される、という苦情がユーザーから寄せられています。

Dr.Web for Mac OS XはDr.Web Desktop Security SuiteおよびDr.Web Server Security Suiteのライセンスに含まれています。

バージョン10.0にアップグレードするには、新しいディストリビューションをダウンロードする必要があります。

製品を購入されたユーザーはDr.Web for Android、Symbian OS、Windows Mobileを無料でご利用いただけます。

【ニュースソース】Dr.WEB
http://news.drweb.co.jp/show/?i=773&lng=ja&c=2